展覧会/イベント

展覧会について
LIXILギャラリー(東京都中央区)では2019年4月4日(木)~ 4月23日(火)の期間、特別展「西中千人-呼継-」を開催いたします。
西中千人さんは、2018~2019年「ジャポニスムの150年」展(パリ装飾美術館)に出品されるなど、世界的に活躍されている日本を代表するガラス作家です。その作品は、自ら作った器を叩き割り、再び溶かして継ぐ「ガラスの呼継」という技法で、国内外で高い人気を得ています。作品は花器やオブジェにとどまらず、庭や公共施設のインスタレーションまで多岐に渡ります。
本展ではオブジェ10点を展示致します。


会期 2019年4月4日(木)~4月23日(火)
休館日 水曜日
開館時間 10:00~18:00
会場 LIXILギャラリー
入場料 無料

作家略歴

1964 和歌山市生まれ
1986 西北大学(中華人民共和国 西安)に留学
1988 星薬科大学薬学部卒業
1989-90 カガミクリスタル株式会社勤務
1991-94 カリフォルニア芸術大学にて彫刻、ガラスアートを学ぶ
1995-97 富山市立ガラス造形研究所 助手
1997 第1回現代ガラスの美展IN薩摩 大賞受賞
1999 「日本のガラス2000年―弥生から現代まで―」 サントリー美術館(東京・大阪)
2011 大桑文化奨励賞 / 大桑教育文化振興財団
2013 CREATIVE HACK AWARD グラフィック賞受賞
2014 「西中千人展―伝統を呼び未来を継ぐ」 古川美術館 為三郎記念館(名古屋)
2017 「世界工芸トリエンナーレ」 金沢21世紀美術館
「西中千人展・ガラスアートの瞑想空間」 日本橋髙島屋一階ホール
2018 「ジャポニスムの150年」展 装飾美術館(パリ)
TOP