展覧会/イベント

「仕口」とは、柱と梁のような方向の異なる部材をつなぎあわせる工法とその部分のことで、日本の伝統木造建築において世界に誇る技術です。大工技術の粋として発展し、風土によって異なる民の住まいにも用いられてきました。 本展では、福井県白山麓にあった築200年以上の古民家で使われた江戸時代の仕口16点を、個々の木組みの図解説と併せ紹介します。一軒の家を支えてきた木片の素朴な美しさに触れながら、先人の優れた大工仕事をひも解きます。


不規則に削られた穴や切れ込みが施された木片。簡素でおおらかなその姿には、原始的な彫刻作品に似た美しさがあります。これらは福井県白山麓の民家で使われていた江戸時代の仕口です。「仕口」とは2本の木材をホゾという突起とホゾ穴で直角または斜めにつなぐ日本の伝統技法及びその部分のことで、地方の民家にもその風土に合ったたくましい仕口の姿がありました。 建築家の瀧下嘉弘氏(1945~)は、昭和40年代から始めた白山麓周辺の古民家移築保存活動の中で、仕口に出会い収集を始めます。普段は隠れている部分が解体によって露わになり、捨てられるはずのこれらに圧倒的な存在感を見出します。瀧下氏は、手作業で刻まれた仕口の痕跡から伝わる名もなき匠の知恵と技に強く惹かれました。 今は主である家を離れ、静かに佇む仕口の数々。しかし、刻まれた仕口の痕跡は、語り部となり、私たちに往時の家の姿を伝えています。 本展では、白山麓にあった200年以上前の民家を支えた江戸時代の仕口一同を紹介します。三者三様の素朴で力強い造形美をご堪能ください。そして今回初めて、それぞれの仕口がどのように木組みされていたのかを伝統技法研究会のメンバーに推測し図解してもらいました。それらを合せて展示します。 仕口の跡に耳を澄ませてみると、精魂込めて木と向きあった先人たちの声が聞こえてくるようです。本展が、一片の仕口から見えてくる民家の構造や大工技術の奥深さに触れる機会となれば幸いです。


●主な展示と見どころ


<仕口の木片をみる>
白山麓の九頭竜川支流沿いには、かつて200~300年経た合掌屋根を持つ民家が存在していました。豪雪地帯のため、大雪に耐える太い柱があり、雪の重みで曲がった木を梁として用いていたのが特徴です。昭和30年代以降ダムの建設や都市化の影響などにより、多くが取り壊されることとなり、そのいくつかを瀧下氏は解体し、新たな場所に移築再建させてきました。その際、木材に施された仕口部分は不要となることも多く、廃棄されていました。瀧下氏はそれら仕口の醸し出す神秘的な力に惹かれこれまでに50点近くを拾い上げ保存してきました。今展ではそのうち選りすぐりの16点を紹介します。普段は隠れて目にすることのできない仕口の迫力や木材の表情など、現物で味わうまたとない機会です。


<仕口を読み解く>
今回、民家を調査・研究している伝統技法研究会の協力のもと、これらの仕口がどのように組まれていたのかを、ホゾやホゾ穴の痕跡から推測し図解してもらいました。
梁(部分)松材の上部の小さな穴は大工によるものではなく、木こりが大木を切り出し、その材を山から滑らせ引いてくるための穴跡といいます。ホゾ穴の形状を見比べてみても、荒々しく無造作に開けたもの、鑿(ノミ)で丁寧に削られたものなど手の違いを感じることができるでしょう。図解では、梁(部分)松材が横に使われ、小屋梁の木片だったことを示しています。ホゾ穴に柱を差し、さらに上に梁を交差させる木組みで外壁側の桁の部分に用いられていました。


<主な大工道具>
200~300年前は大工道具の種類も限られた中で、先人たちは丸太から木を伐り出し、仕口を施し組み上げ民家を完成させていました。数少ない道具でこれらの大仕事を成し遂げてきたことは驚きでもあります。瀧下氏は棟梁から使わなくなった大工道具も譲り受け保存してきました。丸太状の木材を四角に削るチョウナと呼ばれる道具で、古代から使われていたと言われています。その他、鉋や鑿など基本的な大工道具5種類を紹介します。


<仕口の写真>
瀧下氏が最初に手掛けた古民家移築は自邸でした。もとは福井県のある村にあった合掌造の庄屋で、1734年に組み上げられたものでした。天井の高さは4mにも及び、雪の重みで曲がった材を梁に利用しています。梁と柱の関係性や使われ方など、本来の仕口はどのように収まり見えるのか、瀧下邸を例に写真でご覧いただきます。

  • 仕口が施された柱(部分)。欅材。 200年以上前の白山麓の民家の仕口。W209×D189×H1160㎜
  • 梁(部分)松材 上部の穴は木こりが付けたもの。W320×D330×H1365㎜
  • 梁(部分)松材を図解した仕口解説図。ホゾ穴から梁と柱の木組みのようすが分る。
  • チョウナ。丸太状の木材を四角に削る道具。
  • 瀧下邸内部で居間の天井部分。梁と柱が仕口によって組まれている。
  • 仕口が施された柱(部分)。欅材。 200年以上前の白山麓の民家の仕口。W209×D189×H1160㎜
    所蔵:瀧下嘉弘、撮影:長谷川健太
  • 梁(部分)松材 上部の穴は木こりが付けたもの。W320×D330×H1365㎜
    所蔵:瀧下嘉弘、撮影:長谷川健太
  • 梁(部分)松材を図解した仕口解説図。ホゾ穴から梁と柱の木組みのようすが分る。
    作図:(協)伝統技法研究会
  • チョウナ。丸太状の木材を四角に削る道具。
    所蔵:瀧下嘉弘、撮影:長谷川健太
  • 瀧下邸内部で居間の天井部分。梁と柱が仕口によって組まれている。
    撮影:長谷川健太
会期 <大阪>2019年9月6日(金)~11月19日(火)
<東京>2019年12月5日(木)~2020年2月22日(土)
開館時間 <大阪>10:00~17:00
<東京>10:00~18:00
休館日 <大阪>水曜日
<東京>水曜日
入場料 無料
企画 LIXILギャラリー企画委員会
制作 株式会社LIXIL
協力 瀧下嘉弘、(協)伝統技法研究会
展示デザイン +建築設計 田代朋彦
展示グラフィック 小林すみれ
TOP