書籍検索

Inui Architects<br>──乾久美子建築設計事務所の仕事

建築作品集

Inui Architects
──乾久美子建築設計事務所の仕事

本体価格 4,600円
体裁 B5判変型・並製・函入・316頁
Japanese/English
ISBN
978-4-86480-039-6

2019年03月発行

独立してまもなく20年を迎えようとする建築家・乾久美子。本書はその乾の仕事をこれまでにないボリュームで、豊富な写真や図面、建築家の思考をていねいになぞる解説文とともにまとめた作品集です。
デビュー直後、Louis VuittonやDior等の商業建築で鮮烈な印象をもたらした乾は、その後、小規模な個人住宅から京都の町家の転用、都心の公共的な役割をになう建築、さらに東日本大震災で被災した学校建築の再建や九州の地方都市での駅前再開発など、規模も用途も多種多様な設計を手がけてきました。それぞれの場面で困難な現実の条件と向き合いつつ、しかし乾はそのいずれもで、新たな建築の形式を追い求め、その普遍的な強度を獲得しています。多くの撮り下ろしを含む本書の写真は、そうした建築家の思考の結晶である建築が現実の人々に生きられている様をじかに伝えるでしょう。
乾久美子本人の25000字におよぶ論考「小さな風景と建築」に加え、巻末の作品データ・文献データも充実。写真=山岸剛・阿野太一ほか。ブックデザイン=菊地敦己。日英バイリンガル。


■目次

□論考
小さな風景と建築 乾久美子

□作品
唐丹小学校/唐丹中学校/唐丹児童館
延岡駅周辺整備プロジェクト
七ヶ浜中学校
東日本大震災津波物故者納骨堂
ルームK
新建築社 青山ハウス
みずのき美術館
ハウスM
ハウスO
スモールハウスH
共愛コモンズ
アパートメントI
日比谷花壇 日比谷公園店

□資料
図面
作品リスト
文献リスト
プロフィール


■書影







■著者略歴

乾久美子(いぬい・くみこ)
建築家。1969年大阪府生まれ。東京藝術大学美術学部建築科卒業、イエール大学大学院建築学部修了、青木淳建築計画事務所勤務を経て、2000年に乾久美子建築設計事務所を設立。2011~2016年、東京藝術大学美術学部建築科准教授。2016年より横浜国立大学大学院Y-GSA教授。本作品集の刊行を機に、乾久美子建築設計事務所の英語表記をoffice of kumiko inuiからInui Architectsに変更。
著書に『乾久美子 そっと建築をおいてみると』(LIXIL出版、2008)、『浅草のうち』(平凡社、2011)、『まちへのラブレター』(山崎亮との共著、学芸出版社、2012)、『ここに、建築は、可能か』(伊東豊雄・藤本壮介・平田晃久・畠山直哉との共著、TOTO出版、2013)、『小さな風景からの学び』(東京藝術大学乾久美子研究室との共編著、TOTO出版、2014)など。賞歴に、新建築賞(アパートメントI)、東京建築士会住宅建築賞(スモールハウスH)、日本建築士連合会賞優秀賞・グッドデザイン金賞・JIA新人賞・BCS賞(日比谷花壇 日比谷公園店)、ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展金獅子賞(日本館:伊東豊雄・藤本壮介・平田晃久・畠山直哉と共同)、グッドフォーカス賞(復興デザイン、釜石市立唐丹小学校・釜石市立唐丹中学校・釜石市唐丹児童館)など。


■関連記事

[特集]乾久美子『Inui Architects』刊行記念特集
http://10plus1.jp/monthly/2019/08/


建築のそれからにまつわるArchitects
乾久美子(建築家)+中山英之(建築家)

シン・ケンチク
青木淳(建築家)

なぜそこにプーさんがいるのか
──『Inui Architects──乾久美子建築設計事務所の仕事』書評
大村高広(東京理科大学大学院)

TOP