展覧会/イベント

トークイベント | みんなの家、その先へ――3.11から学ぶ明日の住まい、建築
LIXIL出版

トークイベント | みんなの家、その先へ――3.11から学ぶ明日の住まい、建築

2018.06.21(Thu)

地域のコミュニティづくり、街づくりにおいて、建築家の果たす真の役割とは?
行政や企業へ期待すること、そしてその連携をどのように考えていくか?

東日本大震災をきっかけに始まったプロジェクト「みんなの家」は、みんなで一緒に考え一緒につくる、人と人の心のつながりを回復する、生きるエネルギーを育む、という三つのテーマのもと、家を失った人々が集い、暖をとり、飲み、食べ、語り合う場として生まれました。今日までに東北地方で16棟、熊本地方で100棟近くが完成するなか、活動に関わった多くの建築家が常に考えてきた問題があります。
「みんなの家」の活動を牽引してきた伊東豊雄氏、ともに活動してきた柳澤潤氏、岡野道子氏にご登壇いただき、その問いの先にあるものはなにか、あらためて語り合っていただきます。

登壇者 伊東豊雄(建築家)
柳澤潤(建築家)
岡野道子(建築家)
開催日 2018年6月21日(木)
時間 18:00~20:00
会場 せんだいメディアテーク 1階オープンスクエア
(宮城県仙台市青葉区春日町2-1)
主催 (株)LIXIL 文化推進部
協力 せんだいメディアテーク
参加費 無料 *予約不要
問い合わせ先 (株)LIXIL 文化推進部
TEL:03-5250-6556
TOP