展覧会/イベント

Sumiko Honda展 Textile・・・その歩み
LIXILの文化活動

Sumiko Honda展 Textile・・・その歩み

東京:2018.11.08(Thu)~11.27(Tue)

Sumiko Hondaは豊かな生活空間づくりにファブリックで貢献する事を目指し、1998年にブランドを設立。日本の四季をテーマに織り上げたファブリックは、日本の伝統と西欧のモダンを併せ持つデザインと、豊かで繊細な色彩と風合いが、多くのお客様より評価いただき、20周年を迎えることが出来ました。
本田は、企画・デザインから織物設計までを自らが手がける、数少ないテキスタイルデザイナーです。織物の製作は、まずデザインを作成し、次にそのデザインを織物にするために糸種や織り方を決めていく織物設計を行います。この2つの工程は別の担当者が行うことが殆どで、本田も両方を手掛け始めた頃は苦労もしたが、「年を重ねるごとに、自身のイメージとデザイン画作成、織物設計が自然につながってきた」また「織物を製作できる喜びと深みが増してきた」と言います。
今回の企画展は、デザイン画や意匠図など製作プロセスと、Sumiko Hondaの全32柄123アイテムの展示により、本田の想いとモノづくり、Sumiko Hondaの変遷をご覧いただける内容となっています。
生活を豊かにするファブリックを提供し続けるSumiko Hondaの魅力を是非ご覧ください。


*会期中、11月8日(木)、9日(金)、16日(金)、22日(木)、27日(火)は、本田純子本人がギャラリーに在館しております。

会期 2018年11月8日(木)~11月27日(火)
会場 LIXIL:GINZA1階 レセプションスペース (東京都中央区京橋3-6-18)
開館時間 10:00~18:00
休館日 水曜日、11/25
入場料 無料
主催 株式会社川島織物セルコン
協力 株式会社LIXIL
展示デザイン DENBAK-FANO DESIGN

デザイナー 略歴

本田 純子(ほんだ すみこ)

川島織物セルコンのインハウスデザイナー。
米国国立スミソニアン協会の所蔵となるファブリック設計を手掛けた実績を基に、1998年に「Sumiko Honda」ブランドを発表。季節の移ろいや陰影、自然の美しさからインスピレーションを得て手描きでデザインする。日本の伝統と西欧のモダンさを併せ持つデザインと、豊かで繊細な色彩と風合いを生むファブリックは、彼女の得意とするハイレベルな「織設計」技術によって表現され、高い評価を得ている。2006年にはホームデコレーションの見本市「メゾン・エ・オブジェ・エディトゥール」(パリ)へ招へいされるなど、その評価は日本国内にとどまらず、海外にも広がっており、コレクションの拡充と飛躍を目指し、毎年、新作を発表、挑戦を続けている。


HP:http://www.kawashimaselkon.co.jp/ja/SumikoHonda/

1986 株式会社川島織物セルコン 入社
1990 国際見本市ハイムテキスタイル展(独フランクフルト)に出展の
1994 「イルマーレ」がスミソニアン博物館(米)のコレクションとなる
1998 Sumiko Hondaブランド発表 以降毎年新作を発表
2006 メゾン・エ・オブジェ・エディトゥールに日本企業で初出展
2017 初の企画展「Sumiko Honda展 Textile・・・そのうまれる時」開催
2018 新シリーズ「風 光る」発売
TOP