世界のタイル博物館

スペインのタイルについて

8世紀にイベリア半島に上陸したイスラーム教徒はこの地に高度な芸術・文化をもたらし、15世紀以降のキリスト教の支配下でもその芸術・文化は継承される。スペインの街は今もアルハンブラ宮殿に代表されるイスラームの芸術・文化を色濃く残しているが、タイルも幾何学模様などのイスラーム様式のものが16世紀頃まで続く。その後、イタリアのマジョリカの影響を受けた、白地多彩の図柄が描かれたマジョリカタイルが生まれ、庶民の間でも使われ始めた。

  • ラスター・コバルト彩タイル
    【クエンカ様式】
    14世紀
    内寸 206×202(mm)

    異なった色釉が混ざらないように、模様の輪郭を押型で畝状につくり焼成している。

  • 多彩組絵タイル
    【スパニッシュ・マジョリカ】
    調理器具と野菜図(19世紀)
    内寸 450×302(mm)

    表面に直接絵を描く手法をタイルに用いたのが特徴。

TOP