世界のタイル博物館

オランダのタイルについて

17~18世紀のオランダでは、大航海時代を迎えて富を蓄えた新しい市民層が台頭してきた。タイルによる装飾は、もはや神のためのものではなく人間のためにあるものだと、慎ましやかに生活の中に取り込むようになった。フェルメールの絵画にも、床の幅木にタイルが使われている様子が描かれている。なかでも人気なのが、中国の染付磁器の影響を受けた、デルフト焼と呼ばれる陶器質の白地藍彩タイルであった。

  • 白地藍彩タイル
    子供の遊び(コーナーモチーフ:スピネコップ文)
    17~18世紀
    131×131×7(mm)
  • 白地藍彩タイル
    風景(コーナーモチーフ:スピネコップ文)
    17世紀
    130×130×9(mm)
  • 白地藍彩タイル
    動物(コーナーモチーフ:ホセコップ文)
    17世紀
    132×131×9(mm)
TOP